1stアルバム「Playing」
5ee89a4fd3f1676e65651c77

1stアルバム「Playing」

¥2,000 税込

¥10,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

ピアニスト、津田崇博の待ちに待ったファーストアルバム。クラシックをはじめ、イージーリスニング、スロージャズ、ヒーリング、自作曲等様々なジャンルが盛り込まれている。「飽きの来ない初めて出逢ったCD」と話題で、ヘビーチューンが急増中。魂溢れる音が奏でられるこのアルバムは1つ1つ、選曲や言葉遊び等細部まで拘っている。あなたの手元に一枚このアルバムがあると楽曲以外の楽しさも見出せるだろう。(岡賢志) 心地よい時間の流れる1stアルバム。クラシック、ヒーリング系、自作がちりばめられ、「祈り」と「ゆらめき」の2つの要素が自在に響き合う。白眉はシューベルトの2曲。光を振りまきながら自在に動く右手と翳の濃い重く丸みのある左手のブレンドで形作る、メロディをしみじみと歌いながらほの暗さのさす響きは、シューベルト特有の旋律美に潜む闇も映し出す。とりわけ即興曲の陰陽の交錯は耳に残った。また淡々と弾き始めて、次第にしっとり目の語り口で心のゆらぎを吐露する「ダニー・ボーイ」、クールなタッチで1音1音抉ったカッチーニの「アヴェ・マリア」は奏者の特徴が全面に表れた内容。祈りや癒しの感情を込めつつ、それだけにとどまらない寂しさ、苦みが明滅するため、聴いた時の聴き手の心のありようによって、全く異なる反応、想像が呼び覚まされる。一方ヒーリング系楽曲においては瑞々しさのあるカラッとした澄んだ音色を紡ぎ、音楽が流れる場所の空気に清涼感をもたらす。2曲の自作はクラシックの初期ロマン派の雰囲気を軸にヒーリング系の要素を交えたスタイル。前述した右手と左手の魅力が生きる楽曲構成となっている。アルバムの締め括る「光」は3つの要素が6分間に盛り込まれた密度の濃い作品。冒頭は夜空に月や星が深々と放つ光、続いてSound Effectが入って白み始めて日の出、そして太陽のもと明るくなった青い空の拡がりと鮮やかに展開する。朝にでも聴けば心がまっさらになる佳品。アルバムの最初の曲「めぐり逢い」(アンドレ・ギャニオン)と響き合う要素もあって、1枚のアルバムとしての調和が浮かび上がってくる。(中川直) 購入は問い合わせ、またはダウンロードでも可能です(ダウンロード版は楽曲のみ)。 artmuse.taka@gmail.com このアルバムは、ディスコグラフィーからダウンロードすることもできます。 ディスコグラフィーから試聴ができます。どうぞご覧ください。 曲目: 1 めぐり逢い アンドレ・ギャニオン 2 即興曲D.899-3 シューベルト 3 マリア 津田崇博 4 献呈 シューマン:リスト 5 少年 S.E.N.S. 6 アヴェ・マリア シューベルト 7 ピアノソナタOp.13 「悲愴」第2楽章 ベートーヴェン 8 アヴェ・マリア カッチーニ:吉松隆 9 ダニー・ボーイ アイルランド民謡 10 月の光 ドビュッシー 11 光 津田崇博 残り枚数少なくなっております。 再販はありませんので、お早めにご注文をお願い申し上げます。